今日は当店で年間に数例ある修理をご紹介したいと思います。

題して、「リアディレーラー、巻き込まれちゃったよ事件!」

事象としては単純明快。
①自転車が倒れる、踏まれるなど衝撃が加わる
②リアディレーラー(後ろ変速機)がぶつかる
③変速機がついてる台座(エンド)が歪む
④気にせずギアを軽くする
⑤変速機が車輪に巻き込まれる(根元の台座が折れる)
です。

こうなると、高確率でチェーンとリアディレイラー(RD)は壊れますので交換です。

加えて、アルミやカーボンの車体の方は根元の土台(リプレイスエンドとかディレイラーハンガーとか言われます)が折れるのでお取り寄せです。

車輪やフレームまで壊してしまうと高くつきますのでお気をつけて。




消費者庁のサイトに動画も上がっております。壊れる瞬間がよくわかるので、オススメ。

コチラで動画の確認ができます。シーン3、4ですので、しばらく見てみてくださいね。

詳しい内容はコチラに譲りますが、ご覧になった通り、②リアディレーラーをぶつける、ってのがとにかくよくない。

自分で転んだ、や、倒した、といった自覚がなくても、駐輪場でぶつけられてる、倒されて直されてたから気づいてない、ってこともあります。

RD、ぜひぶつけず壊さず傷つけず維持していきましょう!



・・・そうはいっても通勤、通学で使うから、ある程度雑に扱われる駐輪場を利用しないとなんです、って方にはコチラをオススメいたします。

その名もリアディレーラーガード!
c0316555_21522263.jpg

まんまな名前ですね。

今日届いたばっかですので、今なら在庫は潤沢!約1500円〜取り付け可能です。

c0316555_21530434.jpg

こいつをつければあら不思議。
c0316555_21531565.jpg

衝撃をガードが受け止めてくれるではないですか!

これで変速機は守られたぜ!!


ただ、こちらのタイプはフレームにネジ穴が2箇所必要なため、取り付けられる車体と取り付けられない車体がございます。


取り付けられない車体の方にはこんなのも。

c0316555_21543277.jpg
ちょっとカスタムしてロゴに白を入れてみました。

c0316555_21544154.jpg
ちらはクイックで固定するタイプ。お値段3900円+税です。

効果は同様。

ネジ穴がないけど、かっこよくつけたい、って時にオススメ。



もっと簡単なものはクイックに取り付ける棒状のものもあります。決して足を乗せて二人乗りする用ではありません。

こちらの良いところはフロントに使えばライトを取り付ける台座としても使えるところ。

効率よく路面を照らせますのでフロントにオススメ。


RDガードに話を戻して、っと。

昔の自転車には凝ったのがついてましたよね。
c0316555_21553013.jpg

さらに言うなら、後ろに荷台(キャリア)つけちゃうって解決策もあります。

ディスク車なのか、パニアが必要なのか、そもそもキャリアが取り付けられるのかなど状況に応じて考えていきましょう。

ご自身の使い方に応じて最適な方法を探しますのでご相談くださいね♪





もちろん、ガードをつけたとしても限度がありますので、できるだけぶつけないで済むように、ちょっとだけ気を使ってあげてみてください。

駐輪するときも当たりにくいところを選んで置く、とか意識するだけでかなり改善します。

あ、輪行される方もよく曲がってます。




意識してても曲がる日には曲がるこの土台

曲げたことのある人はあらかじめ「ディレイラーハンガー」と言う部品を注文しておくことをオススメいたします。

○年モデルの〇〇ってメーカーの〇〇って車体です、ってとこまで分かればOK。

え、なんでまだ壊れてないのに必要か、って?

万が一メーカーさんに部品がない場合、平気で数ヶ月待たされます(店主は2ヶ月半待ったことがあります)。

その間その自転車に乗れなくなります。

最悪の場合、廃番、なんてことも・・・。

すでに曲げたことがある、たくさん輪行する、でもガードは使ってないよ、って方は持っておいて損はないと思います。

ちなみに精度を確認する作業ってのはこんな感じ。

c0316555_23463883.jpg
c0316555_23463905.jpg
上下左右などをチェックしてまっすぐになったかを確認する作業です。

新車で届いた段階でも運送中の衝撃等で少しだけ歪んでいることもあるので、当店ではまっすぐを確認してからお渡ししています。

特に多段化が進んでいる現状の外装変速機には重要な確認作業です。


車体によって形が違いますので、車体をお買い上げになったお店、あるいはそのメーカーの取り扱いがあるお店にご相談ください。

値段もそれぞれ。

2000円程度から4000円オーバーまで、型によって差がありますのでご確認ください。








通勤、通学には絶対オススメ、RDガードのご紹介でした。






12月の臨時休業のご案内

12/8(土)、12/9(日)は両日とも店主が車いすの整備士講座の講師で出張のためお休みいたします。

恐れ入りますがご協力をお願いいたします。

年内の営業最終日もまだ決めておりませんが、26日くらいを予定しております。

ご来店、お待ちしております!














マヨ

自転車・車いす専門店 『CROWN CYCLE』
東京都世田谷区駒沢4-29-11 ヴェリテ駒沢 1階
TEL:03-6453-4101
FAX:03-6453-4102
定休日 月曜日
営業時間9:00~20:00
mail : crowncycle@gmail.com
facebook : facebook.com/crowncycle
ホームページ : http://www.crowncycle.jp/

[PR]
# by CROWN_CYCLE | 2018-12-06 10:38 | 商品紹介

突然ですが、QiサイクルのEF-1 Pro、メーカーさんが貸してくださいました。

こんなやつ。

c0316555_19031834.jpg

そう、なんと折りたたみ!

c0316555_19034194.jpg

広げてもバッテリーが目立ちませんよね。

これ、フレームにバッテリーが内蔵されているんです。

色々細かい説明は本家サイトさんに譲るとして、乗った感想を。


ものすごくガツンとアシストされてる感じです。

最近の日本メーカーの電動アシストは、より漕ぎ出しはマイルドに、びっくりしないような優しい設計がなされてますが、こちらは真逆。

ちょっと踏んだ瞬間に引っ張られる感じです。

もちろん日本仕様になってますので、漕がない限り勝手に進んだり、アシストが効きすぎたりってことはありません。

初めての電動アシストってこんな感じだったのかな、ってくらい、乗り手の予想を裏切るアシスト力を発揮してくれます。

とにかく進む進む。

速度自体は時速20kmくらいで漕いでいても、そこに到達するまでが早いし力もいらない。

安心安全、荷物をたっぷり詰める電動アシスト自転車ではありません。

近距離を楽しく走るための電動アシスト自転車です。



あ、並行輸入品などもありますが、一切の修理作業ができません。

しっかり日本仕様を選んでください。

ちなみにこの車体の後ろのシールが重要。

ちゃんと基準を通ったアシスト自転車には貼ってあります。

c0316555_19271434.jpg

加えて、このメーカーさんは車体番号を添付しないと補修パーツも入手できません。

1台1台ナンバーで管理されてますので、後悔されないためにもしっかり日本の基準に適合した車体をゲットしてくださいね。




こちらの車体、今週末(1日、2日)、当店で試乗できます!

期間が過ぎればメーカーさんにお返ししますので、乗れるのは今だけ。

興味のある方はぜひご来店くださいませ。













マヨ

自転車・車いす専門店 『CROWN CYCLE』
東京都世田谷区駒沢4-29-11 ヴェリテ駒沢 1階
TEL:03-6453-4101
FAX:03-6453-4102
定休日 月曜日
営業時間9:00~20:00
mail : crowncycle@gmail.com
facebook : facebook.com/crowncycle
ホームページ : http://www.crowncycle.jp/

[PR]
# by CROWN_CYCLE | 2018-11-30 19:43 | 車体紹介

私は普段、SPDタイプのビンディングを利用しています。

いわゆる「歩けるビンディング」の方。

そんなに今まで不便を感じたことはないのですが、先日久々に帰路で立ちゴケしました。



原因はね、突き詰めれば色々あるわけです。

前走者の急な方向転換により失速、そのまま、橋に入るための急坂に対応できなかったのがこけた大きな理由でしょうか。

加えて、すでに日が落ちた上に小雨が降っていた。

直前までサイクリングロードの砂利道をずっと走っていた。

さらに、こけた時点では10kmほど走ってたわけですが、その直前はプチ登山(笑)



恐らくこのプチ登山が効いていたのだと思います。

というのも、以前から、疲れてくるとビンディング外すのに力がいるな、と思っていたのです。

当時使用していたペダルはシマノのPD-A520。

コレはコレで特に問題なく使えていたのですが、最大限に緩めていても、前述の通り、疲れてくるとちょっと外しにくい。




ただ転んだ、残念でした、では痛いだけ。

この機会にずっと気になってたペダルを使ってみましょう!

c0316555_17272408.jpg


三ヶ島製作所のペダル、US-S Ezy(¥12,200+税)です。

なんでも、外す際の力が半分で済むとか。

まさに私みたいな体力のない人間にはもってこい!

c0316555_17321612.jpg

箱の中はこんな感じ。


c0316555_17324430.jpg

ペダルとしてはずっしり。重いな、と感じるくらいの重量感。


c0316555_17332851.jpg

ケージを外すと少し軽量化されますが、それでも両面ビンディング仕様なので、重量は仕方ないかな。


しかもこのEzyシリーズは、1度取り付けてしまえば工具無しでペダルの着脱が可能なんです!

輪行の際、ペダルってどうしても凸になります。

それが手軽に外せるのはありがたい。

また、同じシリーズのフラットペダルを用意すればその日の気分やシチュエーションによって付け替えたり、慣れない人にちょっと乗ってもらう、みたいな時にも役立ちます。

しかもシマノクリート互換なのでシューズへの付け替えの手間も無し!

コレはやるしかないでしょ!




実際使ってみました。

せっかくなので、駒沢公園をノンストップでくるくる周り、多少足に負担をかけてから外してみます。

おー、確かに軽く外せる!

両面ビンディングだから裏表気にする必要もないし。

固定力も弱くなったな、とかは特になく。

がっつり固定したい!って人はやっぱSPD-SLをオススメしますが、レースでもないし、のんびりツーリングにはちょうど良さそう。



着脱可能なEzyシリーズ、オススメです♪

フラットペダルも用意しましたので、試乗していただくにも乗りやすくなりました。

着脱やってみたい方もお声掛けくださいね。







マヨ

自転車・車いす専門店 『CROWN CYCLE』
東京都世田谷区駒沢4-29-11 ヴェリテ駒沢 1階
TEL:03-6453-4101
FAX:03-6453-4102
定休日 月曜日
営業時間9:00~20:00
mail : crowncycle@gmail.com
facebook : facebook.com/crowncycle
ホームページ : http://www.crowncycle.jp/

[PR]
# by CROWN_CYCLE | 2018-11-17 20:40 | 使ってみたシリーズ